| HOME |

   完熟りんご 加藤農園(りんご園)の「蜜入りサンふじ」

美味しい「りんご」はいかがですか 

写真は10月31日撮影の
「蜜入りサンふじ」
蜜入りサンふじ

 お店に並んでいるりんごに、「サンふじ」「サンつがる」といった表示を見たことがありませんか?
「ふじ」や「つがる」とは違う別の品種のりんごかと勘違いしてしまう方がいるかもしれませんが、同じ品種です。

 りんごに袋を掛けずに栽培したりんごを 太陽の光を充分に浴びて育ったと言う意味でサンりんご「サンふじ」「サンつがる」 等と云うようです。りんごが有袋で育ったか無袋で育ったかの違いなのです。

 加藤農園では「無袋栽培」だけでなく、りんごの周囲の葉を摘まない「葉とらず栽培」です。

 葉を摘まないりんごづくりによって、低コスト、省力栽培が可能となり、高級果物というイメージから常備果物としての位置づけが可能となりました。葉を摘まずに育成することで、栄養分も糖度もますますアップします。当園一押しの“葉とらずりんご”、ぜひ一度お試しください。
 安心して食べられるりんご。どこよりもおいしいリンゴだと私たちは誇りを持っています。おいしさ、安全さ、適正な価 格、加藤農園はいつもこの事にこだわり続けたいと思います。

 りんごの甘さは、葉で作られたデンプンが“ソルビトール”という糖の一種に変わり、果実に運ばれ蓄積されて甘くなります。 りんごは日光を多く受けるほど、葉が多いほど、色が良くつくほど、収穫をできるだけ遅らせるほど(ふじでは開花後約190日) 、おいしくなります。「ふじ」や「スターキング」・「紅玉」等の品種では、葉で作られたソルビトールが大量に運ばれると果実の維管束(水や栄養の流れる通路)から溢れて、いつもは空気のつまっている細胞のすき間にたまります。 これが“蜜入りりんご”で 、熟度の進んだ果実でないと見られません。(完熟りんごの証拠ですネ)

箱詰め価格表へ

ご意見 お問い合わせ 
栃木県矢板市長井1333 加藤農園(加藤りんご園) 0287−43−1177

E-meil
totoro@k-apple.com